Colloq2014

出典: Astrophys. Lab., Kyushu Univ.

  • 更新履歴
    • 2014年度のコロキウム情報 --Rnakamura 2015年1月30日 (金) 05:50 (GMT)

目次


戻る


後期

  • 卒業研究発表会
    • [題] MAXIアーカイブデータで見るX線天体
      • [担当] 米田知司、中原拓馬
    • [題] ベガスス望遠鏡の性能評価
      • [担当] 谷口由貴

*第十六回 12月12日 14:00-

    • [担当] 守田 佳永 (M2)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 研究報告
    • [タイトル]
      • [Keywords] 銀河、銀河円盤
  • 第十五回 12月 7日 13:00-
    • [担当] 九州支部会の発表メンバー
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 研究報告 & 発表練習

*第十四回 11月21日 14:00-

    • [担当] ()
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容]
    • [タイトル]
      • [Keywords]

*第十三回 11月14日 14:00-

    • [担当] ()
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 研究報告
    • [タイトル]
      • [Keywords]
  • 第十二回 11月 7日 14:00-
    • [担当] 林田 晃太朗(M2)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 研究報告
    • [タイトル]
      • [Keywords] X線バースト、中性子星
  • 第十一回 10月31日 14:00-
    • [担当] 福田 遼平(M2)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 研究報告
    • [タイトル] Collapsarにおける重元素合成
      • [Keywords] Heavy elements, nucleosynthesis, collapsar
  • 第十回 10月24日 14:00-
    • [担当] 中村 理央 ( ? )
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] レビュー
    • [タイトル] Constraints on the Brans-Dicke gravity theory with the Planck data, by Y.C. Li et al., Physical Review D88, 084053, 2013年
      • [Keywords] Cosmology, Baryon acoustic oscillation, cosmic microwave background, modified gravity
  • 第九回 10月17日 14:00-
    • [担当] 一政 遼太郎 (D)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] レビュー
    • [タイトル] Inhomogeneous Big Bang Nucleosynthesis and mutual ion diffusion, by E. Leihanen, Physical Review D 66, 043512, 2002年
      • [Keywords] ビッグバン元素合成
  • 第八回 10月10日 14:00-
    • [担当] 松尾 康秀(テクニカルスタッフ)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 研究報告
    • [タイトル] 「質量降着率の時間変動を考慮したtype I X線バースト」
    • [概要] 不明
      • [Keywords] X線バースト、質量降着

前期

  • 第七回 6月20日 14:00-
    • [担当] 福田 遼平(M2)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3 
    • [内容] レビュー
    • [タイトル] Cooling-induced structure formation and evolution in collapsars, Aldo Batta and William H. Lee, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, volume 437, pp.2412-2429, 2014年
      • arXiv
      • [Keywords] 降着、降着円盤、ガンバ線バースト、超新星、輻射流体
  • 第六回 6月13日 14:00-
    • [担当] 三舛 慧人 (M2)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] レビュー
    • [タイトル] LOW-MASS ECLIPSING BINARIES IN THE INITIAL KEPLER DATA RELEASE, J. L. Coughlin, M. Lopez-Morales, T. E. Harrison, N. Ule, and D. I.Hoffman, The Astronomical Journal, volume 141, p.78, 2011年
      • arXiv
      • [Keywords] 連星系、低質量星
  • 第五回 6月 6日 (金) 14:00-
    • [担当] 林田 晃太郎 (M2)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 論文紹介
    • [タイトル] Testing the deep-crustal heating model using quiescent neutron-star very-faint X-ray transients and the possibility of partially

accreted crusts in accreting neutron stars, by R. Wijnands,N. Degenaar,and D. Page, Monthly Notices of the ROYAL ASTRONOMICAL SOCIETY, volume 432, pp. 2366-2377, 2013年

  • 第四回 5月30日 (金) 14:00-
    • [担当] 一政 遼太郎(D1)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 論文紹介
    • [タイトル] Light WIMPs And Equivalent Neutrinos, by G. Steigman and K. M. Nollett, astro-ph/1402.5399v1 (2014)
  • 第三回: 5月23日 (金) 14:00-
    • [担当] Jirong MAO (外国人訪問研究員)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 研究報告
    • [タイトル] Heavy Elements Mixing of Core-collapse Supernova Ejecta
    • [概要] In this seminar, preliminary two-dimensional hydrodynamic simulation results of heavy elements mixing in core-collapse supernova ejecta will be presented. A few cases of density perturbation in progenitor model are given and large amplitude of density perturbation is introduced. Thus, we successfully reproduce high velocity 56Ni and 44Ti. The self-introduction and related other research topics (e.g., Gamma-ray burst observations and model explanations) will be discussed as well. Any suggestions, comments, and future possible collaborations are welcome.
  • 第二回: 5月2日(金)14:00-
    • [担当] 菊池 之宏(D3?)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 研究報告
    • [タイトル] Triple-α反応率が大質量星の進化並びに超新星爆発の元素合成に与える 影響


  • 第一回: 4月25日(金)14:00-
    • [担当] 松尾 康秀(テクニカルスタッフ?)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] レビュー
    • [タイトル] NS LMXBにおけるX線バーストとX線アウトバースト, Bahramian et al., Astrophysical Jounal, volume 780, p.127 (2014); Galloway et al., Astrophysical J. volume 179, p.360 ( 2008)



戻る

表示
個人用ツール