Colloq2011

出典: Astrophys. Lab., Kyushu Univ.

2011年度のコロキウム

  • 2月10日 13:30-
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [担当] 佐藤 匡史(M2)
      • [タイトル] アーカイブ画像から探る、M51に出現したSN 2011dhの親星の明るさの時間変化の可能性
      • [キーワード] アーカイブデータ・超新星・親星
      • [内容] 研究報告
    • [担当] 島ノ江 純(M2)
      • [タイトル] 全天X線監視装置MAXIによる古典新星からのX線の探索と新星・超新星からのX線の検出可能性
      • [キーワード] 古典新星・X線・MAXI
      • [内容] 研究報告
  • 平成23年度 特別研究生(B4) 研究報告会
    • [日時] 2/3 13:30-
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • RSNの電波強度データの解析
      • [担当] 舟橋 史祥
      • [Keyword] 超新星、超新星残骸、電波源
    • パーカー不安定性成長率の線形解析
      • [担当] 中島 大智
      • [Keyword] パーカー不安定性, 線形解析,
    • 白色矮星の質量限界
      • [担当] 林田 晃太朗
      • [Keyword] 白色矮星、質量
    • Ia型超新星による距離測定
      • [担当] 高木 康平
      • [Keyword] Ia型超新星, 光度距離, K補正
  • [日時] 1/27 13:30-
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 研究報告
    • [担当] 佐藤 匡史(M2)
      • アーカイブ画像から探る、M51に出現したSN 2011dhの親星の明るさの時間変化の可能性
      • [キーワード] アーカイブデータ・超新星・親星
    • [担当] 島ノ江 純(M2)
      • 全天X線監視装置MAXIによる古典新星からのX線の探索と新星・超新星からのX線の検出可能性
      • [キーワード] 古典新星・X線・MAXI
  • [日時] 2012, 1/20 13:30-
    • [担当] 池田 幹生(M1)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] レビュー
      •  SNLS3: CONSTRAINTS ON DARK ENERGY COMBINING THE SUPERNOVA LEGACY SURVEY THREE-YEAR DATA WITH OTHER PROBES, Sullivan et al.
    • [キーワード] 観測、Ia型超新星、暗黒エネルギー
  • [日時] 12/16 13:30-
    • [担当] 末廣 修平(M1)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] レビュー
      • "'Discーjet' coupling in black hole Xーray binaries and active galactic nuclei", The Jet Paradigm, Lecture Notes in Physics, Volume 794. ISBN 978-3-540-76936-1. Springer-Verlag Berlin Heidelberg, 2010, p. 115
    • [キーワード] AGN、ジェット、X線、ブラックホール
  • [日時] 12/2 13:30~ -> 12/7 13:30
    • [担当] Berni (D3)
    • [場所] 旧工学部3号館物理共通ゼミ室3
    • [内容] レビュー
      • "Constraints on Kinematic model from the latest observational data", by Jianbu Lu, Lixin Xu and Molin Liu, Physics letters B 699(2011)246-250
    • [Keywords] 暗黒エネルギー、加速膨張
  • [日時] 11/25 13:30-
    • [担当] 佐藤 匡史(M2)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 研究報告
      • アーカイブデータから探る、 M51に出現したSN 2011dhの 親星の等級変化
    • [キーワード] 超新星、親星、アーカイブデータ
  • [日時] 11/18 13:30-
    • [担当] 島ノ江 純(M2)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 研究報告
      •  全天X線監視装置MAXIによる古典新星爆発時X線閃光の探索
    • [キーワード] MAXI、X線観測、新星、アーカイブデータ
  • [日時] 11/11 13:30-
    • [担当] 菊池 之宏(D1)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 研究紹介
    • "The Weak S-process In Massive Stars And It's Dependence On The Neutron Capture Cross Section", by M.Pignatari, R.Gallino, M.Heil, M.Wiescher, F.Kappeler, F.Herwig, and S.Bisterzo, Astrophys. J., vol.710, p.1557, 2010
  • [日時] 11/4 13:30-
    • [担当] 松尾 康秀 (D2)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] レビュー
    • "Evolution of Supernova Remnants Expanding out of the Dense Circumstellar Matter into the Rarefied Interstellar Medium", by T. Shimizu, K. Masai, and K. Koyama, arXiv:1110.4948v1[astro-ph.HE]
  • [日時] 10/28 (金) 13:30-
    • [担当] 中村 理央(テクニカルスタッフ)
    • [場所] 旧工学部3号館 物理共通ゼミ室
    • [内容] レビュー
    • Standard Big-Bang Nucleosynthesis up to CNO with an improved extended nuclear network, by A. Coc, S. Goriely, Y. Xu, M. Saimpert, and E. Vangioni, arXive:1107.1117 [astro-ph.CO], ApJ Suppl. submitted.
  • [日時] 10/14 (金) 13:30-
    • [担当] 小野 勝臣(技術補佐)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] レビュー
    • Core-collapse Supernova Explosions Triggered by a Quark-hadron Phase Transition during the Early Post-bounce Phase, Fischer et al. Astrophys. J. Suppl., Vol.194, p.39, 2011
  • [日時] 7/28 13:30-
    • [担当] 末廣 修平(M1)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 研究紹介 : レイリーテイラー不安定性の線形解析と数値計算
  • [日時] 7/21 13:30-
    • [担当] 町田 真美(助教)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 研究報告:X線連星状態遷移に関する磁気流体数値実験
  • [日時] 7/14 13:30-
    • [担当] 池田 幹生(M1)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] レビュー
      • The evolution of the cosmic microwave background temperature Measurements of T at high redshift from carbon monoxide excitation, P. Noterdaeme, P. Petitjean, R. Srianand, C. Ledoux, and S. Lopez, Astron. Astrophys. Vol.526, L7-L11, 2011
    • [キーワード] 観測、吸収線、QSO、宇宙マイクロ波背景放射
  • [日時] 7/7 13:30-
    • [担当] 大槻 かおり 氏(福岡大学)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 研究報告:分光観測から得られるr-process元素合成の手がかり
      • 概要: r-process元素はβ崩壊より速い中性子捕獲反応によって生成される。ごく短時間に大量の中性子が必要なため、爆発的な天体現象によって生成されると考えられている。しかし、背景の物理の不定性が大きく、r-processの起源はまだ明らかではない。一方、銀河系形成初期に生まれたと考えられている金属欠乏星のr-process元素組成は、銀河形成・進化とr-processの起源の手がかりとして世界中の大口径望遠鏡で精力的に調べられてきた。今回の発表ではこれらの観測で得られているr-processに関する情報を紹介する。特に理論的に説明困難な鉛の起源や、不定性の大きい軽い中性子捕獲元素についてモデルと共に紹介する。また、同じく観測で問題となっている球状星団M15のr-process元素の分散についても紹介する。
  • [日時] 6/30 13:30-
    • [担当] 町田 正博 氏(九州大理・地球惑星科学)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 研究紹介
      • 概要:現在までに550を超える系外惑星が発見されているが、これらの多くは従来の惑星形成論でその形成を説明することは難しいと考えられている。特に近年、直接撮像で確認された複数の惑星は、中心星から10AU以遠を周回しており、その形成過程はほとんど理解されていない。惑星の形成過程を理解するためには、その形成現場である星周円盤の形成を同時に理解する必要がある。しかし、今までの研究では適当な円盤を仮定して惑星形成過程を調べていた。この研究では、星の母体となる分子雲コアから星が誕生し、その周りに出来た星周円盤中で惑星が出来るまでの直接シミュレーションを行った。その結果、円盤内での磁場の散逸が惑星形成と密接に関係していることが分かった。また、惑星の軌道周期は、中心星の増光や非定常アウトフローと同期しており、今後のそれらの観測から惑星の存在を確認できる可能性があることが分かった。
  • [日時] 6/23 13:30-
    • [担当] 鴈野 重之 氏(九州産業大学)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 研究紹介: :Recent Issues of High Mass X-ray Binaries: The nature of SFX
      • 概要:大質量X線連星(HMXB)は大質量星と中性子星の連星系であり,中性子星への質量降着によりX線で明るく輝く系である.HMXBは伴星の種類によっていくつかの分類ができることが知られていたが,近年になって,かつての分類に当てはまらない,新しいタイプのHMXBが存在することがわかってきた.この新しいタイプのHMXBは短く明るいX線フレア,周期的バースト,比較的長い軌道周期,暗い静穏期,大きなダイナミックレンジなどを特徴とし,Supergiant Fast X-ray Transient (SFXT)と呼ばれている. 今回の発表では,このSFXTのX線フレアについて,現在提案されているフレア発生メカニズムを紹介し,その妥当性を議論する.
    • [参考論文] S. Karino, Astron. & Astrophys., vol.523, p.90, 2010
  • [日時] 6/16 13:30-
    • [担当] 佐藤 匡史(M2)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] レビュー
      • A progenitor for the extremely luminous Type Ic supernova 2007bi, T. Yoshida and H. Umeda, arXiv:1101.0635 [astro-ph.SR]
    • [キーワード] 恒星進化、超新星、Wolf-Rayet星
  • [日時] 6/9 13:30-
    • [担当] 島ノ江 純(M2)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] レビュー
      • Unresolved X-ray emission in M31 and constraints on progenitors of classical novae, A.Bordan and M.Gilfanov, Mon. Not. R. Astro. Soc., Vol. 405, pp. 209-218, 2010
    • [キーワード] X線、古典新星、M31(アンドロメダ銀河)
  • [日時] 6/2 13:30-
    • [担当] 菊池 之宏(D1)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 研究報告:新しいtripleα反応率が恒星進化並びにs-process元素合成に与える影響
    • [キーワード] 元素合成・原子核反応率・恒星進化
  • [日時] 5/26 13:30-
    • [担当] 松尾 康秀 (D2)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] レビュー:新しいTripel-α反応率が点耐震化に与える影響
    • [キーワード] 元素合成・原子核反応率・恒星進化・X線バースト
  • [日時] 5/19 13:30-
    • [担当] 小野 勝臣(技術補佐)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 研究報告:Nucleosynthesis in a Massive Star Associated with Magnetohydrodynamical Jets from Collapsars - Some issues related to 180^Ta -
    • [キーワード] 超新星爆発、元素合成、MHD
  • [日時] 5/12 13:30-
    • [担当] 野田 常雄(TS)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] レビュー : 中性子星などの高密度性と最近の観測と理論(仮)
      • 文献は未定。
    • [キーワード] 中性子星、観測
  • [日時] 4/28 13:30-
    • [担当] 中村 理央(TS)
    • [場所] 旧工学部棟3号館 物理共通ゼミ室3
    • [内容] 論文紹介 : WMAP 7年目の成果総まとめ
      • Seven-Year Wilkinson Microwave Anisotropy Probe (WMAP) Observations: Sky Maps, Systematic Errors, and Basic Results, Jarosik et.al., Astrophys. J. Suppl., vol.192, p.14
      • Seven-Year Wilkinson Microwave Anisotropy Probe (WMAP) Observations: Power Spectra and WMAP-Derived Parameters, Larson et.al., Astrophys. J. Suppl., vol.192, p.16, 2011
      • Seven-Year Wilkinson Microwave Anisotropy Probe (WMAP) Observations: Cosmological Interpretation, Komatsu et.al., Astrophys. J. Suppl., vol.192, p.18, 2011
    • [キーワード] 宇宙論、観測、宇宙マイクロ波背景放射、ニュートリノ

戻る

表示
個人用ツール