利用者:Rnakamura/Emacs

出典: Astrophys. Lab., Kyushu Univ.

Update --2011年3月11日 (金) 02:57 (GMT)

はやい話が僕が使っているエディタであるEmacs(XEmacs, Mule)の基本的な使い方(というか、僕がよく使うコマンド?)をメモしておこうというページですわ。 他にたくさんのホームページでも同じような事をやっているから、特にやる必要は無いと言われればそれまでなのだが、自分自身でつかうメモのためと思いまして。

ここで、こっから先

  • [Ctrl]-* Ctrl押しながら*のキーを押す
  • [M]-* Alt/Esc 押しながら* を押す。
  • + でつなげてたら、連続してキーを押すってことです。
    • 例:[Ctrl]-x + [Ctrl]-f って書いていると、[Ctrl]-xを押して、次に[Ctrl]-f を押すよってことね。

って前提で書いてま~す。

前のページへ


ファイルを開く、保存

  • [Ctrl]-x + [Ctrl]-w ファイルに名前をつけて保存
  • [Ctrl]-x +[Ctrl]-s ファイルを保存
  • [Ctrl]-x + [Ctrl]-f ファイルを開く
  • [Ctrl]-x + [Ctrl]-c Emacsを終了する

キーの移動

  • [Ctrl]-e その行の最後に移動。
  • [M]-e その1文の最後に移動。
  • [Ctrl]-m 開業・・・じゃなくて改行 [Enter]と同じ
  • [Ctrl]-j 改行+[Tab]
  • [Ctrl]-a 行の先頭へ移動
  • [Ctrl]-n 次の行へ移動
  • [M]-f 単語の右へ
  • [M]-b 単語の左へ

編集関係

  • [Ctrl]-[Space] 切り取り、コピーする始点の指定
  • [Ctrl]-w 切り取りの終点の指定
  • [M]-w コピーの終点の指定
  • [Ctrl]-k カーソル位置以降のその行を全て切り取り
  • [Ctrl]-y 貼り付け
  • [M]-y [Ctrl]-yの後に押すと、前に切り取り・コピーした文字列を貼り付け
  • [Ctrl]-/ 前の作業の取り消し・・・いわゆるアンドゥ
  • [Ctrl]-_ 上に同じ
  • [Ctrl]-x + u  上に同じ
  • [Ctrl]-i 決められた分だけ字下げする(Fortranなら7文字分・・・とか。つまりはインデント)。 [Tab]と同じ
  • [M] + [Ctrl]-q カーソルのある行から下をインデント。
  • [Ctrl]-d 一文字削除
  • [M]-d 一単語削除
  • [Ctrl]-x + i  今、編集しているファイルに別のファイルを挿入
  • [Ctrl]-x + [Ctrl]-q そのファイルを書き込み禁止にする。
  • [Ctrl]-x + [Ctrl]-t その前後の行を入れ替え。
  • [Ctrl]-t 前後の文字と入れ替え。
  • [M]-t 前後の単語を入れ替える。
  • [M]-% 文字列置き換え。置換前後の文字列をそれぞれ入力。置き換えるときは以下の作業をする。
    • y 置き換えて次の文字列へ
    • n 置き換えず次の文字列へ
    •  !  すべての文字列を置き換え
    • ,  置き換えて終了
    • [Esc] 終了
  • [M]-x + comment-region 選択した範囲を%([Shift]-5)でコメントアウト。TeXの時有効(Vine, Mule for Windowsではどの拡張子でも可)。
  • [M]-x + comment-dwim コメントアウト⇔コメントアウトをはずす (どの拡張子でも可、Mule for WindowsとVineには無かった)。
  • [M]-l そのカーソルから後ろにある単語を大文字から小文字に変換。
  • [M]-u そのカーソルから後ろにある単語を小文字から大文字に変換。
  • [M]-c 単語の頭を大文字に。
  • [M]-x + how-many 下に"How many matches for (regexp):"と出るので、.を入力すると任意の文字数をカウントする

前のページへ

表示
個人用ツール